観葉植物の夏枯れ対策!よくある夏のトラブルと対処法

7月に入り、だんだんと蒸し暑い日が増え、夏の訪れを感じる季節となりました。
まもなく梅雨明け夏本番を迎えますが、それに伴い緑の葉っぱが美しい観葉植物を、インテリアアイテムとしてお部屋に取り入れる方も多いのではないでしょうか。日本よりも暑い国で育った観葉植物が多いので、本来は暑さに強いものです。ですが、様々な環境で管理を怠るとトラブルが発生します。
ここで夏に多いよくあるトラブルと対処方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

読了時間 3分

 

 

 

 

 

トラブル1

クーラーの効いた部屋

これからの時期にクーラーは欠かせないと思います。そのクーラーの冷たい風がが直接観葉植物に長時間当たっていると、葉が乾燥してしまい枯れる原因になります。直接風に当たらない場所に避けて置くようにしましょう。またクーラーが効いてくると乾燥した状態にもなりますので、霧吹きで葉や幹全体を吹いてあげると良いでしょう。

 

 

 

トラブル2

直射日光による葉焼け

夏の強い日差しに直接当たっていると、観葉植物は葉っぱが日で焼けてしまいます。葉っぱの色が変色してしまい、一度葉焼けをした部分を元に戻すことはできません。夏の日は、直射日光が当たらない場所に置いてあげましょう。

 

 

 

トラブル3

水不足

夏は、暑さにより土の乾きが早くなり水切れを起こしやすい季節です。朝に水やりしたのに夕方にはカラカラになっている、、、なんてこともよくあります。
忘れず定期的に確認してきっちり水やりをしてあげましょう。
ただし、必然と水やりのペースも増えると思いますが、水やりの頻度を間違ってしまうと、枯れる原因になります。必ず土の表面が完全に乾いているのを確認してから、たっぷり水やりをしてあげてください。

 

 

 

 

 

まとめ

せっかくインテリアアイテムとして飾ってある植物が枯れてしまうと残念です。
季節の変わり目や環境の変化に弱い観葉植物も多いので、弱ってきたときは、紹介したトラブルと対処方法を確認してみてください。また、観葉植物の生息していた環境に近いほど元気に育ちますので、原産地を調べてみるのもいいかもしれません。
観葉植物にとっても過ごしやすい場所を見つけてあげて緑のある生活を楽しんでくださいね。

先頭へ戻る