日陰でも大丈夫??元気に育てる日当たり条件とは?

植物にとって光は必要不可欠。観葉植物もある程度の耐陰性があり弱い光でも生きていけるものが多いですが、光をまったく必要としないわけではありません。光量が不足してしまうと元気がなくなり、やがては枯れてしまいます。元気に育てたいなら、観葉植物の置く場所も大切です。
ここで光の当たり具合を大まかに3つに分けてみましたので、置く場所の参考にしてみてください。

 

読了時間 3分

 

 

 

 

 

コンディション1

太陽光

ほとんどの観葉植物はこの明るさで元気に育てることができます。
ただし、日当たりを好む植物でも真夏の強烈な直射日光にあてると葉焼けしてしまったり、変色したりする観葉植物も多いので、直射日光に強い耐性のある観葉植物を置くようにしましょう。

 

 

 

コンディション2

直射日光ではない太陽の光(半日陰)

レースのカーテン越しの窓辺など直射日光ではない太陽の光が入る場所や、屋外なら明るい木漏れ日がさすような場所で、半日陰とも呼ばれている環境では、綺麗な状態を維持するには、一番理想的かもしれません。

 

 

 

コンディション3

太陽の光が入らない室内の光(日陰)

玄関や窓がない部屋など、1日を通して太陽光が入らない場所などでは、光量不足で枯れてしまいやすいです。
ですが、日陰や暗い部屋でも元気に育つ観葉植物もありますので、必ず耐陰性が高い観葉植物を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

観葉植物でも日当たりの好む植物や育っていた環境によって異なりますので、どれくらいの日当たりかを理解しておくことも重要です。
インテリアグリーンとして注目されている観葉植物ですが、育てる場所にあわせて観葉植物を選ぶことで、楽しく元気に育てることができると思います。

先頭へ戻る