観葉植物の正しい水やり!頻度や水の量はどれくらい?

観葉植物を育てる上で欠かせない水やり。
水をどうやってかけたらいいのか、分からないという人は多いのではないでしょうか。
私も最初の頃に悩んでいました。そこで植物を元気にする正しい水やりをご紹介いたします。
水をあげてもすぐ枯らしてしまう方など、ぜひ参考にしてください。

読了時間 3分






ポイント1

土の表面がカラカラに乾いたら水やりのサイン

水やり直後の土は黒っぽい色ですが、時間が経つにつれ水分が蒸発して土の色が最終的に白っぽい茶色になります。
土によっては、変化がわかりにくいものもありますが、その時は、土を触って湿気を感じなく手にくっつかなく、サラサラした状態が乾いているサインになります。この状態になったら水やりをしましょう。



ポイント2

鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与える

必ず鉢底の穴から水が出るくらいの量を与えて、全ての土に水をしっかり行き渡らせましょう。水を上からかけることで、土の中の空気を押し流し、新鮮な空気も土の中に入れることができます。
また、その時に受け皿に溜まった水を必ず捨てるようにしましょう。水が溜まった状態だと、根が呼吸できなくなり、根腐れを招くことになりますので、必ず捨ててください。
※一緒に葉っぱも洗ってあげると、葉ダニなど害虫の防止にもなります。葉っぱに付いたホコリやゴミも洗い流してリフレッシュさせよう。



ポイント3

あとは、土が乾くまで待つ

土全体に染み渡るまで水をたっぷりかけた後は、鉢底の土が乾くまで待ちましょう。
毎日水をあげないと枯れてしまうのではと思うかもしれませんが、乾くまでしっかりまてば、根腐れすることはありません。



 


まとめ

前述の通り、植物の種類や置き場所、季節、水をかける日にちによって、水の量が変わってきますので、状況に応じた水やりが必要となります。

”鉢底の土が乾くまで待ち、水をかける時は土全体に染み渡るまでたっぷりかける”

上記を思い出して、毎日、観葉植物の状態を観察し、状況にあわせて水やりを心がけてみてください。
先頭へ戻る